会計専門求人サイト「人材スカウト」
0120-239-992

人材スカウト TOP  >  求人情報一覧  > 「テントゥーワン税理士法人【和歌山事務所】 」求人情報詳細

掲載予定期間:2020-12-22〜2021-03-22

テントゥーワン税理士法人【和歌山事務所】の求人・転職情報詳細

テントゥーワン税理士法人【和歌山事務所】
資格無でも応募可資格無でも応募可
初心者歓迎初心者歓迎
資格取得支援資格取得支援
新卒も応募可新卒も応募可
語学力を活かせる語学力を活かせる
独立支援有独立支援有
税理士法人税理士法人
服装自由服装自由
駅から徒歩5分以内駅から徒歩5分以内
代表が若い代表が若い
相続に強い相続に強い
確定申告期間限定確定申告期間限定

一緒に「最良の一手」を打ち続けましょう!

テントゥーワン税理士法人【和歌山事務所】 イメージ1
テントゥーワン税理士法人【和歌山事務所】 イメージ2
多彩な専門家がグループ内外に集い、相互補完と相互連携のもと、クライアントのニーズに多角的かつ複層的に応える、これが私たちテントゥーワングループの強みです。

複数の税理士、公認会計士、中小企業診断士、社会保険労務士、不動産鑑定士、行政書士、そしてシステムエンジニアなど、多彩な専門家が在籍するテントゥーワングループ。
グループの共通理念や価値観のもと、ひとりひとりが専門性の深化を第一義とした「最良の一手」を追究、多角的にクライアントをサポートします。クライアントを支援する中で強く感じること、それは、クライアントが本当に求めていることは、縦割(資格割)の支援のみならず、ワンストップでの「多角的×複層的」な支援であると確信しています。

税理士には、申告書や決算書を適正に作成することが求められます。しかし、税理士に求めることはそれだけでしょうか。多くの経営者の方々が思い描く支援には、決算書を金融機関の視点、経営者の視点などから多面的に吟味、よりよい経営を切り拓く複層的視点からの提案・提言が不可欠ではないでしょうか。

税務はもちろん、自社の財務状況を掌握しながら、幅広い経営課題を相談したい、トラブルや緊急の際にも、ワンストップで迅速な支援を依頼したい。経営者の方々の真のニーズがこれらであるならば、多彩な専門家が集い、そして連携、相互補完と相乗効果を生みながらクライアントの満足を生み出す「多角的×複層的」こそ、私たちのあるべき姿に他なりません。

また、接遇・マナー講師も在籍しており、本格的な専門サービスのみならず、あくまでもいちサービス業としての側面を強化するための取り組みにも力を注いでいます。

テントゥーワングループはこのような信念のもと個人・法人を問わず「多角的×複層的」な支援により、縦横無尽の面となるサービスを提供しています。
募集要項
企業名 テントゥーワン税理士法人【和歌山事務所】
募集職種 税務・会計スタッフ 
雇用形態 正社員
仕事内容 会計データの入力から、月次試算表や分析資料を作成、これをもとにクライアントに対する月次の報告及び提案業務を行っていただきます。
会計データの整理では、社内SEが業務効率化を推進していますので、入力の単純作業は日々改善を図っています。
また、ここで行う報告や提案は、もちろん実績の報告に留まらず、タックスプランニングをはじめとする基礎的な未来の打ち手の提案や、経営を改善及び成長させるための打ち手についても具体的な提案を行います。
なお、ご本人の経験やスキルに応じて、順に業務を習得いただきますので、業務についてのご心配は不要です。他方、事業承継をテーマとして、ホールディング体制の構築などの組織再編成や、買い手としてのM&A案件も多く存在しますので、幅広い業務を希望される方のご期待に応えることができます。
・使用ソフト:会計は弥生会計、申告は達人シリーズが主です。
応募資格 資格 税理士科目合格1科目
日商簿記2級
学歴 短期大学卒 以上
職務経験 税理士事務所や税理士法人での実務経験者、または一般企業での経理経験者
備考 【資格】(必須)いずれかに該当する方
・税理士・税理士資格保持者
・税理士試験科目合格者
・日商簿記2級以上


【特徴】
*複数の個性ある税理士との議論を通じて、多面的な視点から、クライアントや案件と向き合うことができます
*税理士を除く他の士業も在籍していることから、クライアントや案件が、本質的に求めるニーズに挑戦することができます

*士業を除く専門家として、次のような専門家が在籍しており、スタッフ個人そして組織が成長し続ける体制を整えています
・社内外における業務効率化を推進するシステムエンジニア(SE)が在籍
・社内外における接遇・マナーの品質を維持及び向上させるマナー講師が在籍
・より実務的な税務判断やノウハウを維持及び向上させるベテランの元税務職員が在籍

*国家試験の合格を支援する試験前NO残業制度及び試験前長期休暇制度、残業時間を抑制するための管理体制など、労働環境を整備しています
(就業規則や人事考課制度はいずれも、社内に在籍する社労士を軸として、社外の人事コンサルタントとともに構築及び運用しています)
勤務時間 9:00~18:00
勤務地 和歌山県和歌山市
待遇条件
給与 ★月給22万円〜月給32万円
※社内資格等級1-3(担当スタッフ/シニアスタッフ/リーダースタッフ)
※上記に固定残業代(月40時間分=5万円以上)を含む
※超過分は別途全額支給
※経験や資格などのキャリアに加え、未来のキャリアに対するご本人のご希望やご要望に応じて決定
※試用期間3ヶ月(同条件)

★月給32万円以上
※社内資格等級4-5(専門員・チームリーダー/高度専門員/社員税理士)
※上記に固定残業代(月40時間分=7万2千円以上)を含む
※超過分は別途全額支給
※経験や資格などのキャリアに加え、未来のキャリアに対するご本人のご希望やご要望に応じて決定
※試用期間3ヶ月(同条件)
手当 交通費全額支給(徒歩圏内を除く)
昇給 年1回(9月)
賞与 年2回
休日休暇 完全週休2日制(土/日)祝
※繁忙期(12~1月、2~3月)は土曜、祝日出勤あり
年末年始休暇
有給休暇
試験休暇
※年間休日115日
福利厚生 産休・育休制度(直近3年連続の実績)
社内研修制度
外部研修費全額会社負担(会社が認めたもの)
税理士試験合格支援制度完備
※通学のための就業時間の調整制度・仕事と試験勉強を両立するための勤務時間の抑制制度
※試験前(6月以降)の残業禁止、直前期(試験の2週間前以上)の長期休暇・合格専念制度

受動喫煙防止対策:屋内全面禁煙
各種保険 社会保険完備
事務所情報
代表者 前田直樹
開業年月日 2009-10-21
従業員数 46(グループ総勢)人
事業内容 税理士法人の業務として
・月次決算(試算表の作成及び月次決算報告)、年次決算申告業務及びこれに付帯する業務
・月次決算報告における経営及び財務コンサルティング業務(数字をもとに診断及び提言を行う)
・クライアントの経営発展を大前提とする、税務対策のためのタックスプランニング業務
・通常の税務顧問業務のほか、セカンドオピニオンとしての税務顧問業務
・相続税申告業務、相続税対策(自社株対策を含む)に関する税務コンサルティング業務
・事業承継及び組織再編成(合併や分割など)に関する経営及び税務コンサルティング業務
・M&A(主に買手)に関するデューデリジェンス業務及びストラクチャー組成業務
・経営、税務及び財務に関する各種セミナー及び講演の受託

その他の関連士業(診断士・社労士・会計士・不動産鑑定士・行政書士)の業務として
・知的資産経営(報告書)作成及び実践支援コンサルティング業務
・給与計算及び労務規程の作成及びコンサルティング業務
・労働係争の予防を大前提とした労務顧問業務
・内部統制を含むIPO(株式公開)支援業務
・建設業許可や医療法人設立をはじめとする各種許認可手続業務
所在地 〒640-8341
和歌山県 和歌山市 黒田181-5
HP http://1021.co.jp/
auto
テントゥーワン税理士法人【和歌山事務所】
代表社員 前田直樹
経歴・沿革
平成15年 前田直樹 税理士事務所創業
前田直樹 行政書士事務所創業
前田直樹 中小企業診断士事務所創業
エムズマネジメント合同会社併設
平成21年10月21日 テントゥーワン税理士法人設立
前田直樹 行政書士事務所を「テントゥーワン行政書士事務所」に改名
前田直樹 中小企業診断士事務所、エムズマネジメント合同会社、有限会社マエダ総合経理を統合し、「テントゥーワン中小企業診断士事務所株式会社」設立
「テントゥーワン社会保険労務士事務所」を新設
「テントゥーワン不動産鑑定士事務所」を新設
テントゥーワン中小企業診断士事務所株式会社を「テントゥーワン株式会社」に改名
メッセージ
2003年、当時26歳であった私が前田直樹税理士事務所を独立開業。2009年には、テントゥーワン税理士法人を設立し、現在ではグループ総勢46名のスタッフが活躍する組織です。
質と量の双方に魅力あふれる組織を目指し、2027年年には、少なくとも50人規模の専門家集団となることを目標としています。

弛まない努力があれば、進みたいと強く願う方向に途は開ける-
私たちのこれまでは、まさにこの言葉に集約できます。事実、外部からご依頼を受けて開催するセミナー・講演案件や、税制改正を機に半ば脚光を浴びる相続案件、事業承継と絡み合った合併や分割、M&Aをはじめとする組織再編案件、時代がそうであるように避けては通れない国際税務案件など、多岐に亘るフィールドが私たちの目の前に現れ、そして私たちを大きく成長させてくれています。

数字が思った数字になったときに達成感や爽快感があって面白い!と感じる瞬間もあれば、税法を調べた結果、お客様の利となる一手を思いついた!という新しい発見に対する感動、そして、お客様に提案や提言したことに対して、お客様から「あたなが担当で良かった」とありがたいお言葉をいただく感激など、やり甲斐や面白さは、税理士業務のどの場面であっても生まれます。
対して、ひとたび手を緩めると、それがそのままお客様の損をもたらすおそれもあり、慎重に慎重を重ね、お客様の期待を絶対に裏切らない、という気持ちを維持し続けることに仕事の厳しさや難しさがあります。
これらは裏表の関係にあり、慎重に慎重を重ねた結果が、面白さや感動そして感激につながっています。

未来の組織を彩るメンバー、そして私たちが求める仲間は
 ①個々の徹底したこだわりを持ち、
 ②それを強みに、仲間との協調を重んじ、
 ③組織として、真剣にクライアントや案件と向き合える。
そんな仲間とともに、組織として「最良の一手」を打ち続けることを想い描いています。

★前田直樹先生のインタビューはこちら