会計専門求人サイト「人材スカウト」
0120-239-992

人材スカウトTOP > 円満退職のススメ

就職・転職虎の巻!
円満退社のコツ
転職に伴う退職はできる限り、円満に進めたいですね。これまでお世話になった方に礼を尽くし、引継ぎなどもきちんと行いましょう。退職までの流れ、退職の意思表示から退職するまで、円満退職を実現するためのポイントをご紹介します。
退職までの流れ
退職の意思を表示してから退職までには最低でも1か月から3か月の期間をみておくのが一般的です。
「明日、辞めます!」というような急な話はトラブルの元です。現在任されている仕事との兼ね合いを見ながら、無理のない退職スケジュールを立てましょう。

仕事の引継ぎについては、口頭での説明の他に、できるだけ詳細に文書に残しておきましょう。 後任の方がスムーズに仕事を引き継ぐことのできる上、後々のトラブル防止にもつながります。

また、お世話になったお客様への挨拶も忘れずに。誠意をもって対応しましょう。
退職意思の伝え方
まずは、直属の上司に相談してみましょう。いきなり人事部などに退職願を提出したりすることは、あまり望ましくありません。 辞意を固めていても、言い出しにくくて…という方でも、まず相談という形であれば伝えやすくなるかもしれません。

理由を聞かれた場合は、将来の目標や志望ポジティブな理由を伝える方が良いでしょう。また、すで退社の意思が固まっていることを明確に伝えましょう。あまり感情的になったり、批判的になったりしないように、なるべく冷静に穏やかに話をしましょう。
この際に自分の希望する退職時期をもとに具体的な退職日調整をお願いをします。
言い出すタイミングにも充分配慮しましょう。
退職にまつわるNG行動集
【避けるべき行動】
・退職直前の辞意表示
・転職・退職することを上司より先に同僚に相談する
・退職理由として会社への不平や不満をあげる
・退職を決めてから退職までの期間を浮ついた気持ちで過ごす

これらの行動は円満退社を妨げる原因になります。
次の転職先が決まっているからと言って、ぺらぺらと話したりすることも避けましょう。
退職願の書き方
ここでは一般的な形式をご紹介しています。
会社によって形式が決まっている場合もあるので、確認の上、作成してください。



①表題は1行目の中央に「退職願」と記入します。
②書き出しは表題から1行あけ、行末に「私儀」または「私事」とします。
③退職理由は(病気や結婚などの理由でも)一般的には「一身上の都合」とします。
④提出する日付と所属部署名、氏名を記入し、捺印します。
⑤提出するのは上司でも、宛名は最高責任者(社長)。敬称は「殿」とつけます。
⑥封筒は白地の縦長封筒が良いでしょう。中央に「退職願」、裏に部署名と名前を記入します。