会計専門求人サイト「人材スカウト」
マイページログイン
0120-239-992

人材スカウト TOP > 転職活動の流れ

転職活動の流れ

転職に伴う退職はできる限り、円満に進めたいですね。これまでお世話になった方に礼を尽くし、引継ぎなどもきちんと行いましょう。退職までの流れ、退職の意思表示から退職するまで、円満退職を実現するためのポイントをご紹介します。

退職から入社までの流れ

1.転職活動の計画をたてる

転職活動の期間はまちまちですが、平均的に3~4ヶ月をひとつの目安として、計画を立ててみましょう。
同時に、転職の目的や、自分の経験・経歴を振り返り自己分析を行っておくことも大切です。周りの家族や知人・友人等の声も聞いてみることであらたな自分を発見することができるかもしれません。
そこから「何をやりたいのか、何ができるのか」「どんな働き方をしたいのか」等転職活動の軸をはっきりとさせていくことができます。

2.情報収集をする

まず、転職したい業界について、職業について詳しく調べることから始めましょう。 業界動向やトレンド等を捉えるために、経済ニュースや業界紙、インターネットなどを活用して正確な情報を集めてみてください。
そして具体的に求人情報のチェックをチェックしてみましょう。 人気求人はスピードが命。チャンスを逃さない様に小まめに確認することをおすすめします。

3.応募する

気になる求人情報が見つかったら早速応募してみましょう。 まずは履歴書や職務経歴書等の応募書類の作成、志望動機や自己PRなども 手を抜かず入念に準備しましょう。

4.面接する

さあ、いよいよ面接です。ここが一番の難関と言っても良いでしょう。 志望動機の確認や自己PRのおさらい、定番の質問への備えはもちろんのこと、 面接時のマナーや立ち振る舞いなども需要なポイントです。

5.円満退社・入社準備をする

内定を無事獲得したら、新生活の準備を始めましょう。在職中の方は退職活動を行います。
一般的には最低でも1か月前に退社の意思を伝え、各種手続きから業務の引継ぎを行います。できるだけ円滑・円満な退職に務めましょう。同時に内定先への入社時準備も並行して進めましょう。